ビワセラピー|高槻で本場の本格ヨガが学べます。ヒロセントで心身のバランスを整えて健康を体感してください。

ヨガ&セラピーヒロセント
本場の伝統ヨーガを高槻で学べます

ビワセラピー

ビワセラピーへの想い

ビワセラピー白衣

生前、祖母が子宮ガンと診断された時、よもぎのお灸を毎日お腹にあてて手当をした結果、ガンが消えていた、という話を母から聞き、子供ながらに「お灸ってすごい!」と思いました。

その後大人になって、ビワ療法(ビワキュー)と出会い「よもぎ+びわ葉+温熱」の効果で必ず人を癒すことができる!とひらめきました。
それから療法師になるため講習を受け、理論から施術の実技までを受講し認定証を取得しました。
ビワセラピーをしていく中で、特に多い感想は「体が軽くなった」「眠くなるほど気持ち良かった」「体がポカポカして温泉あがりのよう」というお声をいただきます。

ビワセラピーはその気持ち良さから心もポカポカ、楽になり、こわばっていた緊張が解けることで自律神経や気血水のバランスがとれ、自然治癒力が向上します。
実際にガンが消えた方もいらっしゃいます。その他、あらゆる痛みや体質改善の方まで様々な理由で施術を受けられています。

「体の冷え」は万病の元、と言いますが、「体と心の冷え」を同時に改善できるビワセラピーをぜひ体感していただきたいと思います。

ビワについて

ビワの葉を使った療法は、今から1500年ほど前に中国から日本に伝えられました。
病に苦しむ人々のために光明皇后が「施薬院」(現在の病院の原型)を創設され、救済のためにビワ葉療法が用いられたり、僧侶がお寺の境内にビワの木を植えて村人に施術し、その効果に絶大な信頼が寄せられました。
ビワには有効成分が非常に多く含まれており、特に注目すべき成分は「アミグダリン」つまり、ビタミンB17です。このアミグダリンは、体内で不必要な物だけを選んで破壊するところが特徴です。
当時はビワ葉を肌に置き、その上にもぐさの熱源を用いた方法でしたが、現在では効能をそのままに扱いやすさを考慮された、ビワ療法(ビワキュー)が開発され、もぐさは棒状にしたものを特殊な器具に入れ、火傷や火災の危険がないようにし、入手や保存が困難なビワ葉は、エキスにして簡単に扱えるようになりました。

ビワの葉

ビワセラピーの効果

1.温圧効果 温めて指圧を行うことで血行を良くします。
2.もぐさ効果 もぐさの持つ特殊な熱効果をより効果的に浸透させます。
3.ビワ葉エキス効果 熱の浸透によりビワ葉エキスを皮膚吸収させ、コリや痛みを和らげ治癒力を増大させます。
4.操体効果 身体に負荷をかけて悪血を浮かせて、分解除去します。
5.殺菌効果 もぐさの熱やビワエキスによる殺菌効果があります。
6.温冷効果 ビワキューを使用した時に起こる皮膚の温度差で、気血水の流れを整え、神経刺激を行うことで、自己治癒力を増大させます。
7.陰陽効果 生体はバランスが必要です。病はバランスが崩れた状態をさしますが、ビワキューは陰陽バランスを人為的に整える強力な効果を持っています。

ビワセラピーの流れ

◎初診(約120分)
◎再診(約90分)

初診

1.問診票のご記入と初診カウンセリング
過去の病歴から現在の症状までお聴きし、施術をする快癒点(ツボ)の位置やポイントを決めます。
症状にもよりますが、施術時はうつ伏せと仰向けになっていただきます。この姿勢がお辛いようであれば、別の楽な姿勢になっていただき施術いたしますので、ご相談ください。
※出来るだけ施術2時間前にはお食事を済ませていただくか、消化に良い軽いものを召し上がって下さい。水分は摂っていただいて結構です。

着替え

2.お着替え
ショーツだけになって専用のガウンに着替えていただきます。
裸があらわになることはございません。

ピラミッドキュー

3.ピラミッドキューともぐさに火をつけます。
ピラミッドキュー(写真左)はピラミッドのパワーを利用したもので、生体バランスを整えます、
ピラミッドキューの中に火をつけた炭化もぐさを入れて蓋をすると、40度くらいの心地よい熱が下部から流れます。
ヒロセントではこのピラミッドキューをお腹や背中に置きながらビワセラピーを行いますので相乗効果でより一層身体が癒されます。

施術 背中

4.快癒点(ツボ)に印をつけ、施術します。
2本のビワキューを使って施術します。最初はそれはど温かく感じませんが、じわじわと熱が体に浸透していくのがわかるようになります。とても気持ち良いです。熱くなる手前で合図をしていただきます。
その方の症状、体力にもよりますが施術は60分以上たっぷり行います。

施術 肩

施術 首

ビワ茶

5.お着替え
快癒点(ツボ)の印を消し、私服に着替えていただき、身体の状態を確認していただきます。
施術後は血行が良くなっていますので、すぐにお食事をされると消化に血液がいきますので、2時間はお食事をしない方が望ましいです。水分は摂っていただいて結構です。

ビワキュー和(無煙)

効能や体感は変わらず、更に進化したビワ療法。
煙やにおいが出ないため、呼吸器系が敏感な方、もしくはにおいが苦手な方に向いています。
また、温度をボタンでコントールできるため、熱さに敏感な方は低温から始めることができます。
ヒロセントではビワキュー(有煙)とビワキュー和(無煙)がございますので、施術の際ご希望があれば選んでいただけます。
出張の際は無煙を使用します。
ご自宅での毎日のセルフケアにもおすすめします。
ビワキュー和の特徴
1. ビワ葉エキス温熱療法
2. 特殊セラミック板
3. マイナスイオン
4. 蘇生波長特殊加工

ビワキュー和

ビワ葉ローション

  • Facebook
  • Line
  • Instagram

PageTop